5月 01
今回は Honeycomb (Android 3.0) で追加された AppWidget の新機能を試してみました。

Honeycomb からはこれまで使えなかった ListView, GridView に対応の他、新しい Widget の StackView も使えるようになりました。StackView が複数の View を暦をめくるように切替えることができる新しい Widget です。この StackView を使った AppWidget はプリインアプリでは Android Market や YouTube でも使われています。

StackView0.png
(Android Market の AppWidget)

StackView1.png
(YouTube の AppWidget)

サンプルアプリ

StackView を使った Widget のサンプルコードは、Androide Developers のサイト(http://developer.android.com/resources/samples/StackWidget/index.html)にはあるのですが、何故か SDK のサンプルには付属していません。そこでこのサイトからソースコードを持って来て自分なりに理解できるようにソースを整形して試してみました。

StackView2.png

ソースを見る限りこれまでの Widget の作り方と大きくは変わっていないようですね。ただ、元々 AppWidget の作り方は独特のクセがあり複数の xml ファイルを上手に連携させなければならないので結構面倒なんですよね。

でも、この新しい Widget を使った新アプリを何か作ってみたいですね。

サンプルコード

サンプルアプリのソースコードは Google Code で公開しています。完全なサンプルコードを参照したい場合はそちらをどうぞ。


Posted by sak+

Tagged with:
preload preload preload