10月 30

今週の木金で東京に行ってきました。お客さんとの打合せのついでに「A3 Meetup 2010」というイベントに出席するためです。(本当はこっちが主目的だったりします :-P)当日は大雨の中、道に迷い散々な目に遭いましたが、多くの開発者の方とお話することができ、たくさんモチベーションをいただきました。この場を借りて感謝します。


写真はアンドロイダーさんのLT風景です。

木曜日の札幌は前々日降った雪がまだ路肩に残る感じの寒さでしたが、東京も雨も降っていたせいか結構肌寒かったです。9月の頭に行った時と比較すると別世界で驚きです。行きは時間に余裕があったので羽田に着くや否や連絡バスに飛び乗ってできたばかりの羽田国際ターミナルを見学してきました。平日なのでそんなこんでないと思ったのが甘かった。昼ご飯をどこかで食べようと思ったのですがどこも列ができるほどならんでいたので一通り見学したのち早々と退散しました。


写真は4Fの商業エリアから3Fの出発ロビーを写したものです。


Posted by sak

Tagged with:
10月 27

昨日、北海道では初雪が降りました。今朝起きてもまだ雪が残っていて真っ白でした。とても寒いです。そんな中熱いニュースが飛び込んできました。リリースから順調にアンドロイダーさんの週間アクセスランキングの順位を上げてきた『CF電話帳 Free』ですが、今週のランキングでついに1位を獲得しました。とてもうれしいです。この勢いをキープし次は月間Vを狙うぜ!


Posted by sak

10月 21

先週に引き続き『CF電話帳 Free』が アンドロイダー週間アクセスランキングTOP50 (2010年10月11日~10月17日) にランクイン、しかも順位をあげて2位です。このまま順位をキープしいつか1位を狙うぜ!応援よろしく。


Posted by sak

10月 20

11月5日(金)13:00 から開催される「Android 講演会 in 北海道」というセミナーで「Android 携帯本格普及期へ突入。Android アプリ開発を始めるなら今!」というテーマでスピーカーをすることになりました。イベントの主催は株式会社ナノコネクトさんとアルマジロで有名な道内企業の株式会社アットマークテクノさんです。タイトルは少しあおり気味ですが、北海道で Android に関心を持つ人たちに Android でのアプリ開発の魅力を少しでも伝える事ができたらなぁと思ってます。タイトルは決めたものの内容はこれからです。これまで自分がやってきた Android アプリ開発の経験を生かした開発者目線の内容にできればなと思ってます。

北海道在住で Android に少しでも興味があるあなた是非お越し下さい。エントリはこちらから!


Posted by sak

10月 18
世間は AU の新製品発表に湧いているところですが、我が家に先週の13日の深夜、勢いでうっかりポチってしまった Huawei Ideos 到着しました。(関連記事:伏兵あらわる)今日の午前中到着でしたのでまる5日かかっていません。早い。早速ですが簡単に紹介です。

背面カバーが3つ付属しており好きな色を選べます。私は迷わず黄色にしました。イイ感じです。

起動直後は中国語でした。英語に設定を切り替え処理を進めます。(日本語の設定はありません。)処理はSIMカードがなくても進めることができます。処理を進めると最初のホーム画面が現れました。

これで我が家の Android 端末は 4台になりました。我が家の Android 端末を集めて取った集合写真です。名付けて『Android 四天王 参上!』です。

これで待望の Android 2.x 端末を手にすることができました。あわせて QVGA でのテスト環境も手に入りました。これでようやくCF電話帳のバージョンアップに取りかかれます。

この秋冬、日本では各社から多くの Android 端末が発売され購入する端末を迷っている人も多いのではないでしょうか。それを横目に私はしばらく様子見です。最近、ちょっといろいろ買いすぎですので、、、

そうそう、期待してたあの機能もバッチリ動きましたよ。 この端末はそういう人たち向けにある意味お勧めです。


Posted by sak

Tagged with:
10月 16

10月16日に行う勉強会の資料です。

資料1

資料2-a

ハンズオン資料(Android 1.6用)

資料2-b

ハンズオン資料(Android 2.1/2.2用)


Posted by sak

Tagged with:
10月 14
ドコモ、AU、ソフトバンクと秋冬のアンドロイド携帯の情報が揃ってきました。さあどれにしようと考えていたのですが、以外な伏兵が現れました。Huawei の Ideos です。きっかけは週アスPLUSのこの記事です。

香港で Huawei の Ideos が約2万円くらいで買えるよ、その端末は Android 2.2 搭載のうえドコモやイーモバの通信規格に適合してるよという内容でした。

これを見た私は Twitter で

「これ買いに香港行きたい。http://bit.ly/b6KavZ

というツイートしたところ、

expansysで売ってたり。。

expansys に在庫有り http://www.expansys.jp/huawei-ideos-hk-android-2-2-3-colour-back-covers-203841/

という返信が、、、本当は香港行きたいだけなのにだんだん端末そのものが欲しくなってきました。そこへ師匠からだめ押しが入りました。痛恨の一撃w

昨日から在庫が2減ってる。開発するならQVGA端末1台あると便利だよ!と背中を押してみる。

この後の私のツイートはこうです。

背中押されてポチっちゃいました。なので国内の端末は少し様子見します。

やっちまったぜ!

一応言い訳を挙げておくと、いち早く Android 2.x 端末が欲しかったのは事実です。ドコモの Galaxy S や Galaxy Tab、AU の IS03 など魅力のある端末目白押しの中、HT-03Aの2年縛りも終わってないし違約金払うのやだよねーという気持ちを持っていたのも事実です。また焦って選んでこれからもっと良い端末が発表になるかも知れないし。

これでこれらの悩みから当面解放されます。Android 2.2 端末と同時に QVGA 端末を手に入れました。当面は次の開発体制で望みます。意外にバランス取れてるでしょ?

キャリア ベンダー 端末名 バージョン 解像度
ドコモ HTC HT-03A 1.6 3.2インチ HVGA (320×480)
ドコモ ソニエリ SO-01B (Xperia) 1.6 → 2.1(予定) 4インチ FWVGA (480×854)
au シャープ IS01 1.6 5インチ FWVGA (960×480)
SIMフリー Huawei U8150-B(Ideos) 2.2 2.8インチ QVGA (240×320)

そうそう忘れてましたけど私 SOFTBANK の C01HW 持ってるんですよね。楽しみ。(何がw)


Posted by sak

Tagged with:
10月 13


好発進

9/29 にリリースしたばかりの『CF電話帳 Free』ですが、最新のアンドロイダーさんの週間アクセスランキング(10/4〜10/10)で見事4位を獲得しました。また、アンドロイダー出張所でも個別に取り上げてもらってます。おかげ様で良いスタートダッシュをきることができました。ダウンロードしていただいたみなさまのおかげです。ありがとうございます。あとはこのまま各社のアンドロイド端末の秋冬モデルが出揃うまでランクをキープできるといいんですけどね。それが当面の目標です。引き続きみなさんの応援よろしくお願いします。

☆とコメントのお願い

また、ダウンロードした方にお願いです。アプリの☆の方が今ひとつです。ダウンロードされた方は評価で☆とコメントを残してくれるとありがたいです。もちろん☆は多めにねw


Posted by sak

10月 09

なんと 2010/10/09 現在、Google で “OpenGrok” のキーワードで検索すると私のブログのエントリが1ページ目に来るようです。OpenGrok の情報って以外と少ないんですね。そこで今一度 OpenGrok での環境の構築法についてのエントリをまとめてみました。

(10/12 更新)
更新直後に 10.10がリリースされたので試してみました。OK です。同じ手順でいけます。ただ、私の環境の場合、VMware Tools が上手く適用できませんでした。また、ここでは Ubuntu の Desktop版前提で記述していましたが、あわせて 10.10 server (64 bit) 版 でも試してみました。こちらも結果は OK です。ただし標準では入っていないパッケージがありましたし、もちろんブラウザが入っていませんので 127.0.0.1 で確認はできません。その辺りは分かる人は読み替えてやってみてください。

(注意)
前回のブログでは Ubuntu のバージョンは 9.04 を使用していましたが、今回は 10.04 です。そのせいで一部手順が変更になっています。tomcat6 は apt-get で入手できますし、ポート番号も 8080 のまま使用できました。この方が自然ですね。

0. 準備

環境

私の環境は以下の通りです。VM上に作成していますが必須用件ではありません。

  • Macbook Pro (snow leopard)
  • VMware v2.0.7
  • Ubuntu-10.04
使用するモジュール

本件で使用するモジュールは以下の通りです。

事前に入手しておくもの

以下のファイルは事前にダウンロードして置くと良いでしょう。

Exuberant ctags ctags-5.8.tar.gz
OpenGrok opengrok-0.9-src.tar.gz
JFlex jflex-1.4.3.tar.gz

また、解析対象のソースファイルも事前に準備しておく。ここでは Android のソースを用意しました。(容量が厳しくなったり負荷があまりに高い場合は予告なく削除します。)

Donut mydroid-donut.tar.gz (約550MB)
Eclair mydroid-eclair.tar.gz (約700MB)
Froyo mydroid-froyo.tar.gz (約800MB)

1. Ubuntu のインストール

Ubuntu-10.04 をインストールする。解析する際にメモリは最低 1 GB 以上ないとつらい。ハードディスク容量は解析するソースファイル次第だが最低 20 GB は用意しておいたほうが良いでしょう。

2. apt-get でインストール

jdk6, ant, tomcat6 の3つは apt-get で取得できるので apt-get install する。

$ sudo apt-get install openjdk-6-jdk
$ sudo apt-get install ant
$ sudo apt-get install tomcat6

3. Exuberant ctags のインストール

Exuberant ctags は後で使用するため事前にビルドしインストールする。
作業場所は任意で構わない。

$ cd (作業フォルダ)
$ tar zxvf ctags-5.8.tar.gz
$ cd ctags-5.8
$ ./configure
$ make
$ sudo make install

4. OpenGrok のインストール

OpenGrok をインストールする。OpenGrok のビルドには JFlex が必要になるので lib 以下に jar ファイルを配置しておく。なお、スクリプトファイル(OpenGrok)は2カ所修正が必要になるので注意すること。

解凍

$ cd (作業フォルダ)
$ tar zxvf opengrok-0.9-src.tar.gz
$ tar zxvf jflex-1.4.3.tar.gz

ファイル編集

OpenGrok ファイルに一部修正が必要です。

$ cd (作業フォルダ)/opengrok-0.9-src
$ vi OpenGrok

  • “java-6-sun” → “java-6-openjdk” (一箇所)
  • “ctags-exuberant” → “ctags” (一箇所)
JFlex.jar を lib に配置

$ cd (作業フォルダ)/opengrok-0.9-src/lib
$ cp ../../jflex-1.4.3/lib/JFlex.jar .

ビルド

$ cd (作業フォルダ)/opengrok-0.9-src
$ ant

dist フォルダに opengrok.jar と source.war ができていれば OK !

デブロイ(仮)

source.war ファイルを tomcat6 で使用する所定の場所にデプロイする。

$ cd (作業フォルダ)/opengrok-0.9-src
$ sudo ./OpenGrok deploy

OpenGrok のトップページが開くことを http://127.0.0.1:8080/source/ を開いて確認する。この時点ではソースの解析が済んでいないので中身は無い。

5. ソースコードの解析

ソースコードの中身を解析し必要なインデックスデータを作成する。データは /var/opengrok/data 以下に作成される。

データの準備

/var/opengrok/src フォルダを作成し、そこに解析対象のソースコードを置く。

$ sudo mkdir /var/opengrok
$ cd /var/opengrok/src
$ tar zxvf (対象のファイルのアーカイブ)

データ解析

データを解析する。このステップは数時間かかる。

$ cd (作業フォルダ)/opengrok-0.9-src
$ sudo ./OpenGrok index

デプロイ

データ解析で作成した dist/source.war を tomcat6 の所定の位置にデプロイする。

$ cd (作業フォルダ)/opengrok-0.9-src
$ sudo ./OpenGrok index

(10/12 更新)
最後のデプロイは不要でした。

http://127.0.0.1:8080/source/ を開いて確認する。OpenGrok のトップページからソースコードが参照できるようになっていれば成功です。お疲れさまでした!


Posted by sak

Tagged with:
10月 05

昨日のAUに続き今日はドコモと秋冬モデルの目玉が発表されました。AUはUSTでの動画配信があったのでそれを見ましたが、今日のドコモの発表には動画配信がありませんでした。それでもツイッターのTLを見ているだけでほぼリアルタイムで情報を得ることができました。ツイッターってすばらしいですね。

AU

最初に発表を行ったのは、AUです。シャープの IS03 を大々的に発表していました。売りはガラケーでは当たり前の「お財布ケータイ」と「ワンセグ」機能を搭載してきたこと。世界で初めてガラケーの機能をのせたスマートフォンで一台目用途で使用できます!ということらしいです。(ワンセグは実際には IS01 で搭載されているのですが、サイトも消えてしまったし AU のスマートフォンの歴史からはなかったことにされそうな気配です)OS が Android 2.2 でないというところが少し残念なのですが一般人向けには、シャープというブランドだし、お財布ケータイとワンセグが搭載ということで結構売れるんじゃないでしょうか?

ドコモ

続いてドコモのフラグシップとして発表されたのはサムスンの Galaxy S。お財布ケータイ、ワンセグの搭載こそありませんが OS は最新の Android 2.2 採用で気合いが入っています。ドコモというブランドは日本人には非常に人気がありますがサムソンってところでどうなんでしょうか?もちろん世界的にはサムソンブランドは非常に人気が出ていますが日本ではどこまで人気が出るか?というところが非常に興味深いです。私はもちろんそんなとこは気にしませんけどね。

意表をついて Galaxy Tab も同時に発表です。Galaxy Tab も7インチと携帯にちょうど良さげなサイズです。電話もできるようで料金プランも通常のスマートフォント同様ということらしいですが、通話はいらないので2台目用途のデータ通信端末専用の安価な料金プランを設定してもらいたいところです。私個人は Android は携帯だけでは無くタブレット市場にも注目してますので買う気満々です。

まだまだ続く

昨日、今日の発表はこれだけでしたが、AU ドコモともにあと複数モデルの Android 端末の投入を名言しています。あとソフトバンクも Desire 以外の動向も気になりますし、ますます目が離せない季節になりそうです。この秋冬の Android 端末の躍進に多いに期待しています!

CF電話帳 は最新モデルにも対応済み

先日リリースした『CF電話帳 Free』はもちろんこれらの最新モデルにも対応済みです。これら最新モデルを購入した際にはで是非ダウンロードしてお使いくださいね。アンドロイド端末から直接ダウンロードする場合はこちらからどうぞ。


Posted by sak

preload preload preload